キッチンに効果的なチェリー材の魅力

チェリーはキッチンやダイニングルームにピッタリの木材

キッチンの盤面やダイニングルームのフローリング材は、木材の種類によって雰囲気が大きく変化します。その中でも、優しい温もりが特徴のチェリーはとても人気の木材です。今回はその魅力やメリットを紹介するので、リフォームする際の参考にしてみて下さい。

木材の種類と演出効果

フローリング材として選べる木材はいくつもあり、好みによって自由に組み合わせられます。代表的な種類としてカエデ、カシ、サクラ(チェリー)、ヒノキなどが有名です。それぞれの木材に独自の色合いがあり、さまざまな演出効果が期待できます。また、フローリングだけではなく、壁やキッチン盤面のインテリア装飾としても利用できるので、とても便利な材料です。
木材を選ぶ際はどんな空間にしたいのかを明確にイメージすることで、効率的に選びやすくなります。ただし、基本的にどの木材も木目の美しさや自然のグラデーションを感じられるので、どれを選んでも失敗することはありません。キッチン、リビングルーム、廊下、ダイニングルームなど、各部屋の使い方をシュミレーションしながら選んでみましょう。

チェリー材の魅力

続いては、チェリー材のもつ演出効果や特徴に関するポイントを紹介します。チェリーは他の木材に比べて、色味の温かみが特徴です。少しだけ赤みがかったブラウンなので、全体的に柔らかい雰囲気を醸し出します。したがって、フローリングに採用した場合は、部屋全体を温もりのある空間に演出することができるのです。さらに木目の主張が強いので、自然豊かな味わいを感じさせてくれます。リラックス効果を狙って寝室に採用するのも効果的ですし、キッチンやダイニングルームの床材としても効果的な木材です。
また、パーツごとに色味の差が生じるので、多少のコントラストがでることもポイントです。より味わいが増すので、これもチェリーのメリットといえます。

チェリーがキッチンやダイニングルームにもたらす影響

チェリーがキッチンやダイニングルームにもたらす効果はいくつもあります。これらの部屋は、リビングルームと同じく家族が共に過ごす時間が長い空間です。したがって、冷たい雰囲気よりも温かみのある空間にすることで、家族がリラックスしやすくなります。食卓の雰囲気も明るくなり、キッチンをとてもオシャレにコーディネートすることが可能です。窓から差し込む日差しによって、鮮やかさも感じられる万能な木材となっています。
以上のように、温かみと色合いの表情が豊かなチェリー材は、キッチン周辺の雰囲気づくりにとても向いています。フローリング材やキッチンの盤面選びに悩んでいる方は、チェリーの温もりある空間づくりにチャレンジしてみましょう。